スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

生まれた。

あ、生まれました。
実はもう一ヶ月半たってるんですが・・・。

体重3145gの女の子です。
予定日は7/20くらいといわれてまして。それくらいのつもりでいたら
当初の予定日(7/29)まで延びて。
それどころか当初の予定日までぶっちぎってしまい、
8/3の検診に。
理事長先生「あー・・・胎盤がちょっと石灰化してもーてるね・・・。
      本当なら今日入院して誘発剤入れて出したいとこだけど、
      今日はもういっぱいだからあさって入院してくれる?」

私「あー、はい」

理事長先生「何事もほどほどがええ言うてね。早すぎてもあかんし、遅すぎても
      あかんからねぇ(´・ω・`)」

私「ですねぇ(´・ω・`)」

必要書類を印刷しながら胎盤老化について懇々と説明してくれる理事長先生。
でもお話が難しすぎてとりあえず赤ちゃんによくないということしか分かりませんでした。
バカでごめんなさい。あ、難しすぎて聞いてなかったわけじゃないですよ!
本当ですって!!!理解できなかっただけです!!!


というわけでその日はとりあえずNSTを測定しておしまい。
旦那にも明後日入院であることを伝えておきました。
翌日はお墓参りに行くことになってたのでそれについていくことに。

伯父さんの命日前だったのと明日入院しますというご報告しまして。
(別に私は無神論者ですが、今思えばこれが良かったのかもしれないです)
久しぶりに神戸ワイン城(別に本当に城があるわけではない。単なる名称)に
寄りまして、中で野菜を買う。(グリーンセンターみたいなのがあるんです)
妹と私は大きなパイプの噴出し口から冷風が出てたのでそこで涼む。
何しにきたんだとか言わない!

この帰りにご飯食べて帰るつもりだったんですが、お目当ての店が
行列すぎたので大丸で食料買って帰りました。
いいもの食べたヽ(*'ー')ノ+o゚。

ここから先はちょっと汚い表現もあるので、いやな方はページ閉じちゃってくださいな。















で、翌日。7時半に病院来て下さい言われたので、仕事が遅番だった妹に
送り届けてもらいました。
ありがとう・゚・(つД`)・゚・
受付が閉まってたので直接病棟行って受付。
母に一階の受付に行ってもらったらややこしいことになってたらしく、
本人が来ないとだめだとか言われたらしい。結局は産婦人科病棟の方に
話を通してもらいました。
私は陣痛室で一人で遊んでましt。

8時25分。
とりあえず服を病衣に替え、下着も産褥用に履き替える。
(紙製で診察しやすいようになってるもの)
助産師さん「本当に誘発することになっちゃったねぇ・・・・」

私「本当ですねぇ(^^;」
誘発することになるかもねー、はははー。なんて7月下旬に担当の助産師さんとしゃべってたんです。
まさかそれが本当になるとは。
そんなことを言いつつ。私の血管を物色する助産師さん。物色て。でも
本当に言われたからしょうがない。


針をぶすっと刺され。

人生初点滴。

今まで点滴するような病気に羅患したことはなかったので。
足の甲10針縫うほどの交通事故は遭ったことあるけど。

自分的な気持ちは「怖いような・・・会いたいような怖いような・・・・ああでも人生チャレンジ・・・・
どうしよう、私幽霊に会うの初めてなんよ・・・!」(by散葉)みたいな。
とりあえずわくわくしてた。

いや別にこのせりふ口にしたわけではないですよ?
不謹慎だし。

で、点滴されてしばし待つ。
母がいたので、効き目どれくらいででますか?と聞くと。
助産師さん曰く「うーん、個人差はありますけど、だいたいこの時間だと、
効き始めるのに夕方くらいになりますかね?下手したら夜になるかも」とのこと。
ぶっちゃけ、一回だけじゃ効かないケースもあるらしいので。
仕切り直して翌日もう一本なんてことも珍しいことではないらしい。
私もあー、そうですかー。と納得し、母に「洗濯物片付けてきたら?」と言ったら。
助産師さんも布団干してきても大丈夫ですよー。って言ってくれたので
母は一度帰宅。


思えばこの言葉を信じたのが間違いだったかもしれない。

9時過ぎ。
産科の先生が回診にいらしてくれて。
先生「3センチ開いてるから多分進んだら早いと思うよ。頑張りましょうね♪」
助産師さん「おー♪」
・・・・ノリのいい方々である。
私は適当にお茶飲んだりトイレ行ったりしながらぼーっと過ごす。
や、別にDSとかしててもよかったんだろうけど。
なんか点滴の横でやるのもはばかられて。

10時過ぎには痛くなってきました。
夕方くらいじゃなかったんかい。
まだこのあたりでは便秘くらいの痛さだったり。
適当に耐えてました。普通に本とか読めるくらいだと思う。

11時半くらいかな?痛みがわけわんなくなってきてたので
抱き枕抱いて耐えてました。
このあたりから時間見れなくなってきたので記憶あいまい。
助産師さんがこのあたりからちょくちょく様子見に来てくれたので
腰さすってもらったり。
この痛さなんか以前にも体験したような。
ああ。若い頃の生理痛だ。

顧客先や事務所でぶっ倒れたこともあったなあ。
いい思い出・・・・じゃなくて。嫌な思い出だろ常識的に考えて。
とか考えてるあたり余裕があったのかと思いきや。

12時すぎ。破水してナースコール。
で、所産師さんに見てもらうと「あー、破水始まってるねー」とのこと。
多分12時半くらいに先生に診ていただくと。
先生「・・・うーんと・・・開きが・・・・え!?8センチ・・・・9センチ?
  これもういけるね!」
助産師さん「おー!♪」
なぜか助産師さん拍手。
私も拍手したかった。(?)
助産師さん「よし、この陣痛終わったら(分娩室)行こう!」
母に電話して「分娩室入る」と言い残し。
私は陣痛途切れた瞬間に助産師さんと一緒に。

分娩室までダッシュ。

何やってんだとか言わないで(ノ∀`)
ちなみに母は私の幼馴染のお母さんと電話してたそうです。
慌てて布団取り込んでタクシー飛ばしてきてくれました。

分娩台に乗ったら。
助産師さん「やけにノリのいい曲かかってますけど気にしないでください(^^;」
確かに。
普通こういう時ってクラシックとかじゃない?
助産師さん「これ、誰の曲だっけ・・・(準備しながら)」
私「KOH+ですねー・・・」
助産師さん「ああ、そうそう!柴咲コウ!・・・お母さん、冷静ですね・・・
自分でもわかんないけどなんかものすごく冷静だった。

立会い研修の看護士さんが可愛くて萌えだなーとか考えるくらい冷静だった。
それもどうかと思うけど。


しかも先生しばらく来なくて(多分外来診察中だったんだと思います。スミマセン。)ちょっと待ってた。
2回くらいいきんだところで助産師さんが
「出口ちょっと狭いんで切開しますねー。あと、吸引使いますー。その方が早いので」
と。私は素直にお願いします。と。
助産師さんに「頭黒々してますよー♪」と言われて
「やった!ハゲじゃない!」とガッツポーズしたかったのは秘密。(待て)
つかできないけど。力いれるためのバー握ってたんで。
私が産まれた時ハゲだったんで・・・(ノ∀`)
3回くらいいきんだとこですぽんとでてきた。
・・・・早い。
普通初産ってもっとかかりません・・・?
私の母も分娩室入って15分くらいだったみたいですが。
私もだいたい同じくらいだったみたいで。
遺伝?
一応母子手帳の記録では4時間ちょいになってますが、
実質一時間弱くらい。

カンガルーケアお願いしてたんで、赤ちゃんを胸の上にちょこんと乗せてくれて。
私思わず「お疲れ様ー♪」。

いや何か違うだろ私。

だって涙出てこなかったんだもん。感動しなかったわけでもないのだけど。
また助産師さんに冷静ですね言われた。
もういいです(ノ∀`)

で。お土産とかもらって車椅子で点滴つけて病室まで運ばれましたとさ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yukina_ryuel

Author:yukina_ryuel
日々呟いてます。
リンクはフリーですが、報告してくださるとご挨拶伺います。

Twitter on FC2
サモンナイト
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。